女性誌モデルチェック

男性の目から見た女性誌モデルのチェックblogです。雑誌別にカテゴリー分けして紹介していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
2003年は現在9冊入手。今年も表紙は長谷川理恵です。主なモデルはSHIHO、長谷川理恵、美香、小泉里子、内田ナナ、SONOMI、小林明実、石川亜沙美、桜井智美、落合砂央里など。

1月号巻頭の「知的巻きで、美人度を上げる!」では、佐久間梨乃、長岡朱里、服部麻里、河村羽衣子(サーチ☆ライト)、相川智華、永末真由美などが登場。「ハンプトンから春を誘うコーチの贈り物」の石川亜沙美は最近のきつめメイクではなく、柔らかめのメイクで好印象。そしてメイン特集の「2003年、通勤スタイルの華やぎセンス鍛えます!」では、PART1のSHIHO、SONOMIの格好よさ、PART2での内田ナナ、仁香のハイセンスで落ち着いた着こなし、PART3での滝沢沙織のフォトジェニックなカット、PART4のSONOMI、美香の1か月コーディネート競演での表情豊かなカットの数々、いずれもがお薦めです。「心地いい刺激、大人のスウィート・シック」はOggiでは珍しい岩掘せりが登場。「服は着回し、小物でハジける理想の冬旅カジュアル」では仁香が表情豊かに着回しを披露。「この冬、噂のプラステから目が離せない」と「リストウォッチ×ファッションコーディネートQUIZ」の長谷川理恵はベストショットの連続でお薦めです。「予定のある日のきらめきウォッチ」のSHIHOは大きなカットが嬉しい。「足元はレザースニーカーでカジュアル・インパクトを」はくろを主体に「魅惑のジュエリー&ウォッチ」では白を主体とした美香の素敵で大きなカットが連続し最高です。「二人のジュエリー、幸福の時間」「華やぎのスタイリッシュ・ブラック」の和香は少し雰囲気がアダルトすぎる感があり惜しいです。「しっとりサラサラストレートヘア」の甘糟記子と「コーディネートの上級者は小物に凝る」のYOSHICOは今月このページのみの登場ですが、どちらもいい表情を見せています。ちょっと勿体無いですね。

 2月号は石川亜沙美の「ラルフローレンを着ると…男友達と過ごしたくなる」から。先月号あたりから表情が柔らかくなって本当にいい雰囲気です。メイン特集「冬こそスタイルアップを極める」はまずSHIHOと美香。タイトルどおりスタイルのよさが際立ちます。森下紀子も同様で、SONOMIはそこに落ち着きが加わります。また、白を着こなす長谷川理恵と内田ナナの美しさも特筆物です。「VERY SHIHO的冬季限定1か月コディネート」では可愛い感じのSHIHOが大き目のカット中心でお得な感じ。「真冬の通勤スタイルのもうひと押し 今日の着回し明日の買い足し」はSONOMIのやわらかい表情と、美香のきりりと締まった表情が対照的。落合沙央里もここでは悪くない。後半の美香の柔らかな表情も素晴らしい。「真冬のファッションパトロール」に登場の標あかね(フジテレビディレクター)はなかなかのビジュアルです。最後は「ピュアホワイトウォッチと過ごすイノセントな時間」のSHIHO。わずか3ページですが全て1P大のカットがうれしいですね。

 3月号の「最旬セオリーで着こなし勝負!」はSHIHOとSONOMIのカットが大きいのは良いのですが、ほとんどがあおりのカットであるのが残念。「冬から春への理恵’sクローゼット最新版」は長谷川理恵の可愛い表情が一杯。メイン特集「春の通勤アイテム買い!の優先順位が変わる」パート1では小林明実と美香、パート2では滝沢沙織、パート3では小林明実の格好よさ。パート4では美香とYOSHICOの可愛らしさ、パート5でも美香、仁香の笑顔がお薦めです。「ジュエリーカラーでオーラを纏う1か月コーディネート」はSONOMI。彼女の着まわしは珍しいので貴重です。実に表情が豊か。「シーンを選ばないベーシック!こそ私のスタイル・永遠のポリシー」の美香は割と素な感じで、そこがまた良い。「週末にはちょっと足を延ばして小旅行へ」の大島久美子はここだけの登場ですが気になる存在。なかなかいい雰囲気を持っている。「春からは美髪主義宣言!」の田中れいは整った顔立ちが印象的。左向きの横顔が好みです。そして今月の目玉が「私らしいウエディング・スタイル」の美香。見事に純白のドレスが似合っています。大推薦。

 4月号のメイン特集は「今、通勤服はスウィート・シックに向かってる!」で、SHIHOの素敵なカットからスタートして、PART1ではSONOMIのと森下紀子の笑顔あふれるカット、PART2ではしっとりとした大人の雰囲気の小林明実とSONOMIのカットが印象的です。PART3では逆に躍動感あふれる小林明実と森下紀子、PART4では穏やかな表情の美香、PART5ではきっちりとしたメイクの小林明実、落合砂央里を見ることが出来ます。「スタイリスト高橋リタの超私的1か月コーディネートのヴァネッサはハーフでしょうか、かなり魅力的なモデルです。「重ねるシャツ×ニットに上達する!」の内田ナナはいつもになく普通のお嬢様という感じで、逆に新鮮な印象ですが、桜井智子の方は少々目が怖い感じです。そして遂にスタートしたのが美香の連載「月刊美香リンゴ」で、第 1回目はモデル美香百面相な履歴書。ということで生い立ちやモデルへの道筋が明らかにされました。今後に注目です。「大人シック系のマスト・バイ・アイテム6」の内田ナナはまさしく大人シックの似合うモデルです。長谷川理恵のカットでは「ワーキング・カジュアル」が一番の出来。今月の内田ナナはキレキレで、「オンタイムトートVSオフタイムショルダー」もお薦め。SHIHOファンは「クールに華をプラスするパウダリーカラーの実力」を押さえておきましょう。「着回し術で春カジュアルをスタイルアップ」は本当に普通な感じの仁香に親近感を感じます。「羨望のセンスアップパンツ」の美香のちょっとアートに走った感じのカットは賛否が分かれそうです。「春一番のスウィートスカートスタイル」の方が正統派で安心して見られます。今月登場の読者モデルは三井幸子(03年ミス仙台)、木村恵美(99年立命館大学ミスキャンパス)などでした。

 8月号は長谷川理恵の「RIE MEETS CELUX」から。表情のヴァリエーションがもう少しあれば良かったのですが、顔が細く感じました。「ネックレスな夏」の石川亜沙美もアイメイクがもう少しナチュラルであってほしい。「華やぎマーメイドヘアの法則」は美香のマーメイドヘアとの相性のよさに納得。「サマーカーキを操って、夏通勤の配色計画!」はSHIHO、美香、小泉里子の表情よりもスタイルのよさに目が行きますね。「通勤ノースリーブで8月夏美人の1か月コーディネート」では、すまし顔の多い小泉里子の変化ある表情が楽しめます。「その上をゆく大人系デニムに上達したい!」は美香のポーズのひとつひとつに雰囲気を感じることが出来てお薦めです。「夏には夏の・・・ホリデーパンツをもう1本」のSONOMIと森下紀子はカジュアルながら少々格好良過ぎるかもしれません。「オーラのある目元は、ここから始まる!」のライアン礼はまさしくメイクモデルという感じの美顔です。「魅せる美白肌」の民部良子はもう少し庶民派の美顔といった感じ。「週末のご褒美はひんやりさわやか梅ワイン」の落合砂央里は一時の昆虫的な顔の雰囲気が薄れてきて、バランスが良くなってきました。今月の読者モデルはカットモデルとして、中ノ瀬由衣(TV『WEBアイドル図鑑(テレ朝)1期生』)、亀井京子、佐藤杏子(03年ミス慶應義塾大学エントリー)、萩原しおり、鈴木理恵、田嶋秀子、浜野真里(有線ブロードバンドネットワークス「ASIAN美少女FILE」)、三橋彩、佐藤絵美などでした。

 9月号はSHIHO単独の「シャツ&ブラウス」から。カットが大きいのは良いのですが、照明の関係で顔がてかっているのが残念。メイン特集は「知りたい!私を変える新・本命アイテム全7章」で、PART1の美香、SONOMI。PART2の内田ナナ、森下紀子。PART6の小泉里子がお薦め。PAR T7では読者モデルの服部紗幸、藤内悠起子が登場。他誌と比較して落ち着いた印象のカットです。「この秋、靴&バッグのスパイス配分に真剣!」では、小泉里子とYOSHICOのアダルトな魅力が一杯ですが、もう少し大きなカットが欲しい。「モデルという仕事を楽しむ!1か月コーディネート」はただただ美香の1か月を楽しんでください。文句なしに今月の目玉です。「大人系カジュアルの新展開、秋は”アーバン・クール主義”でいく!」は長谷川理恵。悪くはないのですが発色を良くしてほしい。「この秋のマイメークBOX大公開」の美香も可愛いのですが、少しメークがきつ過ぎないかな。「夏の終わりの優秀美容生活」の落合さおりと「自分を解放、きれいになる週末」のY OSHICOはどちらも以前とがらりと変わった印象で新鮮です。ブレンダと詩音もわずかなカットですが健在ぶりを見せてくれました。

 10月号は長谷川理恵の「STAY COOL」から、写真が暗いのが残念。「秋本番!最愛ニットがなければ始まらない!」は小林明実と佐藤弥生によるニットのバリエーション。タンクトップのニットがユニーク。メイン特集は「2003年秋、新しい通勤シンプルが始まる!」で、PART1はSHIHO、森下紀子、SONOMIがアダルトな雰囲気を演出。PART2ではSONOMIと小泉里子がそこにセクシーさを付加します。PART3では同じ2人が靴とボトムを含めたコーディネートで見せてくれます。「香る大人のヴィンテージ・シック」の長谷川潤は18歳にしてシックを表現できるアダルトな雰囲気を持っています。「シャツ&ニットにプラスする洗練アクセサリー」では小林明実の変化する表情が楽しめます。「トレンチ達人の最旬着こなし2ベクトル」はショート丈トレンチに身を包んだ美香が一番引き立っています。「NEWSなブーツに一番乗り!」では高垣麗子の変化ある表情作りに注目。「秋はリラックス・モードで行く!」の長谷川理恵はスタイリッシュで顔も細い感じで魅力的です。「秋アウター新展開」の美香はカットも大きく嬉しいのですが1枚くらいカメラ目線が欲しかった。石川亜沙美の「BE COOL BE SMART」は一部のカットで顎が強調されるのを除けば中性的な魅力が漂います。「想像以上!のスタイリッシュ・パンツ」では美香のスタイルバランスの良さが目立ち、「カラーリストのライフスタイルは~」の甘糟紀子はすまし顔と笑顔の対比が魅力を高めています。

 11月号は長谷川理恵の「Sports Mind Day」から、ミニスカートのカットが新鮮。「ハッピー&リラクシングな私的1か月コーディネート」は長谷川潤、彼女の顔立ちは完成品ですね。「イタリアンブランドの新たなる魅力」のSHIHOは表情のアダルトさが普段とは違ったイメージを見せてくれます。メイン特集の「気になるコート欲しいブーツ」では小泉里子、森下紀子、高垣麗子、長谷川理恵のスタイリッシュな着こなしが楽しめますが、ここでも気になったのは長谷川理恵のミニスカートでした。「本命買い決定!冬小物オールスターズ」の小林明実は、せっかく単独ページを多く貰ったのですから、もう少し表情に工夫が欲しかったですね。二つ目のメイン特集「5大新・定番アイテムで通勤テイスト自由自在!」はスタイルバランスの良さが目立つ美香とSONOMIを中心に小泉里子、小林明実が格好良さを競っています。閉じこみミニブック形式の「SHOHOが見つけた女を上げるイタリア7つのエッセンス」は保存版でしょう。「シーンを超えてスタイルアップ」のSHIHOは表情の変化に注目。美香の閉じこみ付録「通勤シンプル活性化プラン6」は疲れたような表情が残念でした。後半のタイアップ広告ページでは長谷川理恵の顔アップ、登場ページがここだけだったYOSHIKO、本当に表情が柔らかくなった内田ナナ、歯の白さを強調した美香に注目ですが、最も印象に残ったのは、クリスチャン・ディオールのコスメ商品のページに登場した豊岡まりこのカットでした。プロモデル以外ではテレビ東京アナの大江麻理子、セオリープレスの根本久仁子がそれぞれ2P貰ってました。

 12月号も長谷川理恵の「Lady Tweed Impression」から。卒業が近くなるにつれて印象がどんどん良くなってきています。「きっかけは、主役級の靴とバッグ」「心ときめくHAPPYシャンパンカジュアル」「永遠のフラワーモチーフ」も同様にモデルとしての魅力が詰まっています。一方SHIHOも「白小物が叶えるリッチなかわいさ!」で見せる表情は貫禄を感じさせる見事さです。メイン特集の「冬通勤の自己ベストスタイル成功例」では萩庭桂太撮影の小泉里子と村山元一撮影の美香、内田ナナ、SONOMIが秀逸。その他、滝沢沙織、リナ、亜希子のカットや、内田ナナの着回し等、注目すべきものがたくさんありました。表情の面では「絶好調な前髪眉下バングス」「外見も大事、中身も大事!」の小泉里子も素晴らしい。「格別のトレンチコート、ついに完成!」には長谷川潤が登場していますが、大人びた雰囲気は感じられますが出来としては残念。「ウインター・モノトーンの洗練」ではSONOMI、「クール・ベージュVSスィート・ブラック」「冬スタイルはモノトーン主義で行く!」では小林明実、「バランス印象派はショートコートを選ぶ」では小泉里子、「SO COOL SO SPICY」では石川亜沙美がそれぞれの格好よさを表現してくれています。滝沢沙織のインタビューはカットが大きくファンには嬉しい。「快適さに今冬らしさ配合のリラックス・カジュアル進化形」での小林明実のミニスカート姿はお薦めです。「まとまらない髪の救急隊出動!」の田中玲のアイスドール的美しさも目を惹きます。今号に登場の読者モデルは日本テレビスポーツ担当ディレクターの齋藤久美子、長岡朱里、花垣あずさ、小川りかこ、中ノ瀬由衣などでした。
スポンサーサイト
このページのトップへ
2003年発行のものは現在5冊。主なレギュラーモデルは山田優、押切もえ、蛯原友里、小泉里子、森泉、鮎河なおみ、えれな、藤井悠、竹下玲奈などですが、読者モデルに割かれるページも多く、カリスマ的人気を持つ読者モデルも増えつつあるようです。モデル系の連載は伊東美咲が昨年から継続している他、長谷川京子、小泉里子、鮎河なおみのものがあります。

 1月号の表紙は小泉里子、山田優、押切もえ、森泉の4人。巻頭の特集「セレブ読者ご用達の完売必至アイテム24」では小泉里子と山田優の大きく格好いいカットが目立ちます。「大人めシンプル冬の王道スタイルBESTコーディネート8」では蛯原友里、竹下玲奈のピュアな可愛さが前面に出ています。「黒でキメる日VS茶でキメる日VSベージュでキメる日~」の黒は山田優、茶はさくらと押切もえ、ベージュは小泉里子と藤本恵理子(読者モデルから昇格?)がお薦め。「12月のおでかけスタイル教えます!」は蛯原友里が主役で、髪を短くした鮎川なおみも好印象。「ラッキーノネルティが私を待っている」が折込みの小冊子も含めて竹下玲奈の魅力で一杯。「恋の勝ち組になれるめちゃモテヘア&メーク」は山田優、鮎川なおみ、小泉里子、押切もえ、蛯原友里、小川奈那、藤井悠のいち押しカットの連続で今号の目玉でしょう。「カラーマスカラで、劇的・新鮮目ヂカラ!」の臼田麻美はきつめの表情も魅力たっぷり。インタビュー記事は長谷川理恵と加藤あいでした。別冊付録の「恋するジュエリーSTORY」は山田優のミニ写真集といった感じでお薦め。今月の読者モデルとしては、尾山玲子の大特集(7P)を筆頭にかなり充実していて、服部紗幸、金子綾、亀恭子、吉川実希、角方理佳、西川恵里子、宮本百恵(03年宝くじ幸運の女神)、松川奈央、藤内悠起子、元木杏奈(ソニーエリクソンで携帯電話の企画担当されている方か?)、根本紹子、横谷久美子などでした。

 2月号の表紙は長谷川京子。「人気ブランドのあのアイテム9割引~」の藤井悠とさくらが可愛い。特に小さなカットにその傾向が強いです。「レベッカテイラーの春の新作~」は粒子は粗いものの小泉里子、竹下玲奈の生き生きとしたニューヨークロケが楽しめます。「Wネーム・ヘビロテ服」では森泉のスタイルのよさ、小泉里子のスタイリッシュさが目立ちます。「私のベストコーディネートお見せします!」には菊川怜、石川亜沙美、国仲涼子、ユンソナが登場。「マンネリ脱出の真冬のNEXTスタイル27」は山田優、押切もえ、蛯原友里のさほどきつくないメイク姿が逆に印象的に感じられます。「靴5足で乗り切る1月の1か月CD」は蛯原友里ファン必見の最高なカットばかりです。「冬の最終買い足しプリプラアイテム厳選70」では日向真帆の表情が一番。さくら、押切もえ、小泉里子も悪くない。「長谷川京子の冬のお嬢様LOOK」はモデルとしてではなく女優としての姿を見せてくれます。「人気ブランドの春小物速報」の竹下玲奈はいつもと違うクールな表情を見せており貴重かも。「春の愛され顔養成講座」では鮎川なおみの魅力的な笑顔が2カット。「おしゃれ OLの昼の丸の内メークVS夜の西麻布メーク」は臼田麻美の端正な顔立ちに注目。「押切もえのキレイの奇跡」には彼女のCanCamモデル2年間が凝縮されています。今月の主な読者モデルは亀恭子、金子綾、服部紗幸、角方理佳、根本紹子、藤内悠起子、吉川実希、各務寛子、尾山玲子、対馬央子などでした。

 3月号の表紙は伊東美咲。「この春、絶対に流行るモノ11」は山田優、押切もえ、蛯原友里の3トップ。山田と蛯原の笑顔の魅力が目立ちます。「春の新作指名買いリスト61」は前半の大き目のカットが嬉しい。特に雰囲気のある小泉里子がお薦め。小さなカットでは笑顔が抜群によい竹下玲奈が抜けた印象。さくらはこの時期、顔が太目残りな感じ。「矢田ちゃんOLvs涼子OL」でも竹下玲奈の可愛い笑顔は強力な威力を発揮、コーディネート編では蛯原友里が2か月分たっぷり見せてくれます。「白の着こなし新ルール」の小泉里子はシャープな着こなし。ここでも竹下玲奈の可愛さが全開、特にミニスカのカットは文句なし。「春の流行スカート着こなしレッスン」の臼田麻美はまだ垢抜けない印象。この時点では藤本恵理子が上をいっていたのですが・・・。さすがに後半のメイクコーナーでは臼田もいい仕上がりになっています。それ以上に鮎川なおみ、下釜すみれ、小川奈那の仕上りには素晴らしいものが感じられます。読者モデルでは池澤保穂、山本みらい、藤内悠起子、各務寛子、亀恭子、三澤朋子(タフィープロダクション所属)、山田尚子、根本紹子が各1Pとたっぷり紹介。ヘア特集では金田麗子、対馬央子、亀井京子、吉川実希、池田直子、豊田ローラ、民部良子、高木響子(東京オートサロン2004)などでした。

 4月号の表紙は山田優。「春のSUPER HITS24」ではスッキリ顔の蛯原友里と小泉里子、可愛さあふれる竹下玲奈と鮎川なおみ、素敵なお姉さん的な押切もえ。みんな白が似合います。「東京シンプル大革命」は表情が変化に富みながら安定している山田優に注目。小泉里子、蛯原友里も出番は少ないが魅せるカット多し。押切もえは若干ブレがある感じです。「白黒ベージュの最強スタイル」は山田優、押切もえ、蛯原友里の揃い踏み。カットは大きくないがお薦め。サクラは残念ながらゴツさが目立ちます。「カッコいい系vsかわいい系春のおしゃれ究極の8番勝負」では竹下玲奈の文句なしの可愛さと、藤本恵理子のかっこいい系なんですがかわいさの方が勝っているという表情に注目でしょう。「春デビュー ちょいカワ、ちょいデキOL4月の1か月CD」の蛯原友里はお薦め。バストアップの大きなカットより、小さなカットでも全身が写っている方が魅力的です。「ひとり暮らしデビューのためのインテリア大作戦」では押切もえと竹下玲奈、読者モデルの服部紗幸のお部屋を紹介していて貴重です。「私に自信!マイ・ベーシックスーツが欲しい」の蛯原友里が色っぽ過ぎ。後半のコスメコーナーでは臼田麻美のスッピンからメイク終了までの過程を紹介。ファンにはお宝でしょう。「おしゃれ家電ではじまるよハッピーライフ!」だけに登場の寺山由花(原宿ロンチャーズ出演)にも注目。矢田亜希子のインタビューは写真の発色が悪く残念。読者モデルでは服部紗幸、各務寛子、岩井瞳(原宿ロンチャーズ)、島村まみ(トヨタイオフィス所属のモデル)、坂井ゆきこ(オスカープロモーションのモデル)、野口美華などが登場しています。

 10月号の表紙は山田優。大特集の「コレ買わなきゃヤバイ!」の#1「CHANEL BLACKでいこう!」は森泉。彼女はもう少し小顔に見せるように出来たら素晴らしいと思います。#2「秋セリーヌにDOKI☆DOKI」の山田優はその点バランスのよい顔の大きさです。#5「'03秋マブイ女が大本命~」はビジュアルのソリッドな押切もえ、小泉里子、蛯原友里が素敵な着こなしを見せています。#6「流行アイテム10番勝負!」は大きなカットでは押切もえ、小さなカットでは渡香奈、渋谷理恵の可愛い着こなしに注目。特にブラウス・シャツ対決のカットがお薦めです。#7「ピンクとグレーを制するもの秋を制する!」での山田優のP82のカットの可愛さは最高。その他押切もえの表情がよい。#8「通勤週末秋のワードローブ計画書」はカットが大きいので、モデルそれぞれの着こなしも楽しめますが、特に小泉里子のクールビューティーな表情と、山田優、押切もえの着回しに注目です。#10「秋デニムはセクシー・ゴージャスでいく!」では、山田優、小泉里子、押切もえの美脚がたっぷり。#11「秋の新作20大スクープ」のえれなが可愛いのですが、ちょっと頬に肉が付き過ぎているのが心配。#12「今、買うべき秋ブーツ5のベストコーディネート」は、蛯原友里と山田優の可愛い履きこなしに目がいってしまいます。#13「クールシンプルOL9月の1ヵ月CD」は押切もえの豊かな表情を楽しみましょう。「矢田亜希子流秋デニムの着こなし、公開します」での使用カットもお薦めできる質の高さです。後半のコスメ系記事では蛯原友里、臼田あさ美、鮎河なおみの美しさが光りました。今月号の主な読者モデルは、亀恭子、金子綾、入江未悠、服部紗幸、山田尚子、菅由彩子、朝川智彰、三澤朋子、広川恭子、打海貴子、赤池真梨香、小川りかこ、松尾藍子、妹尾美幸、市場悠加、石谷郁子、石村依子、服部麻理などでした。 このページのトップへ
2003年発行分は現在6冊入手。主なモデルは小畑由香里、リナ(RINA)、金子絵里、松田樹里、植松真実、悠美、桜井裕美、能世あんな、MIE、大友みなみ、高垣麗子、万梨音、園原佑紀乃など。連載は辺見えみり、伊藤裕子が継続。読者モデルの奥田順子、尾山玲子も連載を持っています。

 1月号の表紙はリナですが、顎のラインが・・・。「白黒クールなクルーズライン」と同一人物とは思えません。こちらはシャープな感じで素晴らしい。「AJとなら恋に落ちたい」はもっと自然な表情にあふれています。「侮りがたし!のGAPスタイル」ではカジュアルを素敵に着こなす姿が魅力たっぷり。「限定小物がお待ちかね」の彼女は年齢相応の表情が中心なのでこの号一番のお気に入り。それにしてもリナの登場は単独ばかり。今後は彼女がメインなのでしょうか。「少しだけ背伸びの冬スタイル、完成。」は高垣麗子、金子絵里、桜井裕美が素敵なお姉さん風で登場。「エルメス配色でリッチな冬休み」はエレガントな悠美に対して、植松真実はこの号全体にいえることですが顔のぽっちゃり感が気になります。「日替わりショートコートで3変化」では園原佑紀乃と悠美の優美さを感じられます。「JJ大好き乙葉」はまだまだぽっちゃりしていた彼女。ここから随分と細くなるわけです。「次買うデニムはJJモデルが知っている」は主なJJモデルが総登場。名前が出ているので非常にありがたい。「勝負ワンピで逢いに行く」は大友みなみと桜井裕美。大友みなみはおでこを広く見せ過ぎなのが残念。後半のコスメやタイアップ広告のページでは松田樹里、高垣麗子、万梨音が大活躍。小原由香里もチラッと登場しています。今月の読者モデルはたっぷりめに紹介されている奥田順子、椋名凛、村上実沙子(Maxiプリンセスガール)、桜井千寿(99年TMS VESPAレースクイーン)、箕島三佳、澤野井香里、小川淳子の他、長田理栄子、宮村英梨子、坂下朋子、水谷千鶴、春名亜美(Maxiプリンセスガール)、野田明希、富田緩奈、荒玉佳那子、辻内祐貴子、平山美香、鎌田香奈、谷口美保子、広光美沙、足立亜子、山崎いづみ、近藤英恵、各務寛子、青木裕子、清田礼美、三好さやか、福田有沙、本田亜純などでした。

 2月号の表紙もリナですが、やはりカット選択が拙いように思います。「一歩進めば可愛げシンプル」のリナは打って変わって可愛くも素敵さを感じさせる魅力が全開。金子絵里、植松真実も同様に持ち味の魅力を発揮しています。「覚えておきたい今年の巻き方」では大友みなみ、桜井裕美、松田樹里の3人が素敵なお姉さん風OLの着こなしを見せてくれます。「春の新色コスメ先物買いリスト」では松田樹里、能世あんな、上月美緒が効果的なメイクを披露。「たれ目メークでオフィスの人気者」は大友みなみと金子絵里。大友みなみは目元にポイントを置きすぎてバランスを欠いているのが残念。後半のタイアップ広告のページで活躍しているのは金子絵里です。今月の読者モデルは隔月連載のスタートした尾山玲を始めとして、柴田望、清田礼美、春名亜美、奥田順子、京野恵、平山亜希、笹倉真奈、服部紗幸、坪谷麻衣、村上実沙子、岡部磨知、池田直子、小林敦子、堀江美希、鈴木千春などでした。

 3月号の表紙は高垣麗子。「余裕しゃくしゃく春先BAG」の植松真実はワイルドな印象のメイクで登場。「そろそろ[可愛い]が恋しくて」では、可愛さでは金子絵里、桜井裕美が抜きん出ていますが、園原佑紀乃の落ち着いたお嬢様風もいい感じです。「COACHの春は~」のMie、「GAP賢者のひとさじスパイス」の悠美はそれぞれの持ち味を出しています。「小畑由香里のセレブな毎日」でも「幸せのFOXYマジック」でも、小畑由香里は可愛いファッションとメイクの方が似合います。「パリで見つけたCHANEL」はリナがパリでの初取材に挑戦していますが、カットが少ないのが残念。「水もしたたるウォーターコスメ」を初めとしたコスメページでは、松田樹里の美しさに目を奪われます。「幸せを呼ぶ春の通勤ニット」では大友みなみ、能世あんな、植松真実、高垣麗子の柔らかな着こなしがたっぷり。小さなカットの方がお薦めです。また、ミスキャンパスの紹介ページがあり、ミス東大の西堀友佳子、準ミス東大の井田明菜、ミス早稲田の村井美樹、準ミス早稲田の今井亜紀、ミス慶應の高内三恵子、準ミス慶應の三好さやか、ミス立教の本田朋子、準ミス立教の久保田直子、ミス青山学院の村上はる香、準ミス青山学院の財部実奈、ミス明治学院の藤田望花、準ミス明治学院の志村佳美、ミス学習院の安藤奈々子、ミス実践女子の角井衣里、準ミス実践女子の村山裕美子、ミス跡見学園女子大の渡辺枝里子、準ミス跡見学園女子大の石橋幸子、ミス東洋英和学院の谷本英里香、準ミス東洋英和学院の安田友香が登場。今月の読者モデルは大内直歩、笹倉真奈、山口明日香、星野加奈(9代目ミニスカポリスリーダー)、堀江美希、早川愛(02年BPレースクイーン)、村上実沙子、春名亜美、松尾藍子などでした。

 9月号の表紙はMieとCaity
巻頭連載の「もっとシャネルに恋したい」のRINAは髪形が変。今月の目玉は「見せます。素顔のKKモデル」JJモデル14人が勢揃いのカタログ的作りになっていて、当時はモデルの名前表記がなかったので大変ありがたい特集です。全員並んでいるのを見ると、私の好みは大友みなみ、松田樹里、金子絵里、能世あんな、上月美緒といったあたりでしょうか。「怒涛のデニム100人大集合!」はJJモデルと読者モデルが総登場。やはり専属モデルの上体と脚の細さのバランスの良さには読者モデルは敵いません。特にRINA、能世あんな、大友みなみ、高垣麗子あたりのスタイルバランスは素晴らしい。読者モデルでは二塚麗加、平山玲、鎌田香奈あたりがバランス良く見えます。「GAPパワーの延長戦」の悠美は大人の女性のしっとりとした雰囲気が良く出ています。「キャラクターコスメでお姫様な私」では松田樹里のお姫様振りを楽しんでください。「晩夏涼しくパステルレザー」の大友みなみと能世あんなの涼しげなワンピ姿には撃沈です。「今年はこの靴でミニスカ宣言!」で始まる後半のタイアップ記事では金子絵里と松田樹里が大活躍しています。白石美帆が特集で6Pでしたが、やはりモデルと較べると脚の短さが目立ちますね。今月の読者モデルで活躍が見られたのは、小川淳子、奥田順子、広光美沙、神代香織、大内直歩、小川りかこ、堀江美希などでした。

 10月号の表紙はMie、Caity、桜井裕美の3人。大特集の「私たち買い物パワー燃焼系!」は読者モデルを中心にJJモデルが総登場。珍しく名前がついているので助かります。ところで二塚麗加はいつJJモデルに昇格したのだろう? 「お出かけですか?の令嬢ガール」では桜井裕美とCaity、Mieがばっちり決めます。「失敗しないぞ!ブーツ選び」の金子絵里、園原佑紀乃はコケティッシュな魅力が一杯。でも金子は顔がポッチャリ気味。「スパイシィOLの華やぎ社交術」では落ち着いた雰囲気の松田樹里と華やかな桜井裕美が好対照。「できたてバッグの8大NEWS」の大友みなみはスッキリした表情が魅力的です。「見初められ系はベージュOL」は金子絵里、植松真美、能世あんな、上月美緒が素敵なOLを演じ、そこに白石美帆が加わっています。「新装開店・名古屋嬢」は大友みなみと金子絵里。この2人が私の一番好みに近いJJモデルです。後半の広告タイアップ記事では金子絵里、能世あんな、そしてリナが活躍。コスメ記事では松田樹里が圧倒的な存在感を見せてくれます。今号の主な読者モデルは個別ページを貰ったのが、連載を別にすると澤野井香里、宏美姉妹。小川淳子、典子、ひとみの三姉妹。その他、赤坂恵、小林麻央、秋永香織、伊藤珠希、吉田美紀、吉川美沙、佐藤絵美、本田亜純、坪谷麻衣、妹尾美幸、和島春奈、長田理栄子、神戸蘭子などでした。

10月号の表紙はMie。「モノトーンでGO!」はMie、桜井裕美、金子絵里、高垣麗子が大きなカットで登場。「今どきエレガンス大革命」はMieの格好よさと松田樹里の大人っぽさが魅力です。「秋のピンクちゃんは少し大人」もMieが主役。サポートに金子絵里、松田樹里、上月美緒といった感じ。「直伝Mieの青山サーフスタイル」はMieをピックアップしたものですし、完全にJJのメインはMieに移行したようです。「GAP配色秋のセオリー」は松田樹里をピックアップ。格好よさが際立っています。「絶賛ワンピと喝采スカート」ではMieと桜井裕美のミニスカがたっぷり。「スパイシーOL本物の条件」は松田樹里と植松真実がスタイリッシュです。「必要なのは5時からコート」では能世あんなと植松真実が中心。カジュアルからシックまで着こなします。「いきすぎませんの秋服指名買い」は白石美帆が登場。モデル体形ではありませんが存在感があります。「内山理名おすましワードローブのすべて」ではSサイズの女性にもできる少し背伸びの秋服計画を披露。コスメのページでは松田樹里を中心にMieなどの顔アップも楽しめます。後半のタイアップ広告部分では、リナ、金子絵里、能世あんな、桜井裕美、高垣麗子が大活躍です。今号の主な読者モデルは飯田怜奈(04年片瀬あきに改名してAVデビュー)、小尾加奈代、山岡由衣、高橋沙代、金明香(ネイルサロン経営)、竹股香陽が個別ページをゲット。その他、伊藤珠希、高田郁子、赤坂恵、神代香織、笹倉真奈、大内直歩、京野恵、中村吏沙などでした。

 12月号の表紙モデルはMieと桜井裕美。カルティエとシャネルのタイアップ記事はいつものようにRINAの担当ですが、彼女の大人びた装いはいまひとつな印象。「冬の美人はとことんエレガンス」はMie、桜井裕美、松田樹里、金子絵里がバランス良くお嬢様風とお姉さま風を演出。「今年のコート[主演女優賞]」ではMieと園原佑紀乃、桜井裕美がゴージャス感を漂わせる着こなしを見せます。「GAPの真冬スタイル匠の技」及び「スパイシィOLの独り立ちワードローブ」の松田樹里の格好良さは超お薦め。「もう止まらないドルチェ&ガッパーナ」では桜井裕美のバツグンのスタイルを捉えたカットに注目。「ここぞ!で輝くオーラメイク」の東原亜希はお目目ぱっちりが印象的。「ONLY I のサマンサバッグ」では上月美緒、大友みなみがすっきりとした笑顔を見せています。「幸せつかむシルエット」の植松真実はスリムでコケティッシュなイメージ。「白石美帆 愛される理由」では彼女のメガネ姿のカットもありサービス満点。「上質な冬の黄金ワードローブ」は高垣麗子のワンマンショー。着まわしをたっぷり楽しんでください。今号のお薦めは後半のタイアップ記事コーナー、カットが大きく水準が高い仕上がりのものが多いです。桜井裕美、松田樹里、RINA、上月美緒、金子絵里、植松真実ファンは要チェックでしょう。今号の主な読者モデルは小川淳子が4Pにわたって最新神戸カジュアルを紹介。吉川未沙は母子で1P、その他、豊田ローラ、伊藤珠希、小尾加奈代、笹倉真奈、神戸蘭子、浜野江真、長岡聖子、土屋輪、逸見明子などでした。 このページのトップへ
2003年分は現在6冊。主なモデルは、相沢紗世、長谷川潤、岩堀せり、鈴木サチ、畑田亜希、ステンケン摩耶、ミシェル、オリビアなど。連載コーナーは浜崎あゆみ、安西ひろこ、佐田真由美、岩堀せり、神田うの、乙葉が担当しています。

 5月号の表紙は浜崎あゆみ。「2大セクシー・セレブスタイル大研究!」では岩堀せりがジェニファー・ロペス、鈴木サチがビクトリア・ベッカム風ファッションにチャレンジ。岩堀のゴツさが目立ちます。「セクシーカジュアル大旋風!」は鈴木サチ、ステンケン摩耶、更には長谷川潤の笑顔に注目。「Marcいろあそび」の岩堀せりはセクシー。「コーチが渋谷にやってきた」は長谷川潤のカットが大きくポーズが多様でお薦め。「安可愛対決!スポーツVSガーリー」のようなファッションだと鈴木サチ、畑田亜希、ステンケン摩耶がしっくりしますが、相沢紗世も意外にイメージが一致します。「実録!岩堀せりの1ヵ月コーディネート」は珍しいので貴重な感じですし、「スーパーまつげ伝説!」の彼女の美しさは際立っていてお薦めです。「お手本はViViモデルズのこだわりヘア!」は素敵なカットが多いのですが、特に鈴木サチ、佐藤萌美が可愛い。「きた、きた!サーフ気分全開★新作水着!」はうれしい水着特集。モデルの岩田ゆりに加えて和希沙也の水着姿がたっぷり楽しめるのが最高です。「スポーツなら進化系ポップガールが気分!」の乙葉は、らしくないイメージのファッションが残念。綴じ込みの「最新アナスイウルトラコレクション」は相沢紗世とステンケン摩耶が可愛さ全開です。「ビビアンBarbieになる」のビビアン・スーはなぜ発色が悪いのか疑問。「POOL SIDE Celebrities」の長谷川潤のスタイリッシュさは素晴らしい。「新美脚ジーンズは指名買い!」に蒲生麻由が登場しますが、最近登場カットが少なく残念です。「愛されヘア マスター講座」の佐藤萌美と上岡千恵の「決め!」髪型が素敵な感じ。今月号の主な読者モデルは、「カリスマ読者ファイル」に登場の山崎友里恵、「有名読者のファッションヒストリー」に登場の奥田順子、田中みゆき、吉川まあこ、対馬央子は各1ページが割り当てられています。その他に服部紗幸、谷口美保子、石村依子、高山都、榎本静香、大西久美子、堀江美希、鎌田香奈、辻内祐貴子、平田恭子、春名亜美などでした。

 6月号の表紙は佐田真由美。巻頭の「Mayumi in 7 ACTIONS!!」もなかなか良い表情が撮れています。「今年の夏はLADYサーフでいこう!」は岩堀せり、ステンケン摩耶のようなハーフっぽい容姿のモデルが似合います。「真夏の指名買いHits」では長谷川潤の年齢相応の笑顔が中心。オリビアは新人モデルかな。「空前の夏服新作SHOW!」は鈴木サチ、長谷川潤、ステンケン摩耶、岩堀せりによる涼しげなファッションがたっぷり。「誰でも美人になれる成功春服~」では特に長谷川潤、相沢紗世が目立ちます。「キレイの天才たちの美のトクダネ100連発」には平山あや、乙葉、ユンソナ、安西ひろこなどが登場。そしておまたせ「最高HOTな恋するビキニ!!」では岩堀せり、畑田亜希、鈴木サチのビキニ姿がたっぷり12ページ。、また綴じ込み付録でも三愛の水着をたっぷり披露しています。「相沢紗世のキレイの秘密」はもう少し資料的な厚みが欲しく残念。「おしゃれセレブの夏服キープリスト」には内山理名、佐藤江梨子、平山あやが登場。「ワンピの常識は~」の相沢紗世は本当にワンピが良く似合います。鈴木サチも意外に似合っていますね。「夏小物超限定セレクト」のステンケン摩耶は子悪魔的な魅力でたっぷり。「最新版ブリトニーメイクのすべて」では佐藤萌美、「最強の夏ガールはヘルシー&セクシー」では畑田亜希と鈴木サチのメイクに注目です。今月号の主なモデルは「カリスマ読者ファイル」に登場の服部麻里、山口由美子の他、村上実沙子、奥田順子、春名亜美、春山輝子、野田明希などが登場しました。

 7月号の表紙は岩堀せり、佐田真由美、相沢紗世の3人組。創刊20周年記念号だそうで変型の中表紙にモデル陣が勢揃い。畑田亜希が胸をアピールしすぎです。「セクシーカジュアル夏本番」では岩堀せり、相沢紗世が安定したビジュアルを見せてくれますが、新人のミシェルはアングルによってビジュアルのコンデションが大きく変化してしまうのが残念。「来たぞ!大人サマーVS最強派手サマー」はカットが荒くなっているのが残念。効果を狙っているのは分かっているのですがね。ミニワンピ×はんぱ丈パンツの岩堀せりの格好よさに注目です。「最強ガールズViViモデルのすべて」ではViViのメインモデル9人を特集していますが少し内容的には物足りません。「厳選!主役級タンク&キャミ123」は相沢紗世の美人系タンク&キャミ姿、アンニュイな表情が似合うステンケン摩耶にうっとり。お楽しみの水着特集「WE LOVE ビキニ」は嬉しい折込写真集タイプで切り離すことが出来ます。岩堀せり、長谷川潤、鈴木サチ、上岡千恵、岩田ゆり、オリビア、畑田亜希の水着姿がたっぷりです。後半の広告タイアップ記事では鈴木サチが大活躍。素晴らしいカットをたくさん見ることが出来ました。コスメ&ヘアスタイル記事では佐藤萌未とステンケン摩耶の素敵なカットが大きく掲載されています。今号で一番素晴らしいカットが集まっているのが「ジル スチュアート、大人のサマーパーティーへようこそ!」です。相沢紗世、鈴木サチ、長谷川潤の美を堪能して下さい。今月号の読者モデルは水着スタイルを公開してくれたのが、宮口さおり、浜野このみ、石村依子、榎本静香、田中みゆき、対馬央子、稲井志保美、安藤真奈美、堀江美希、山住明子の10人。カリスマ読者ファイルは片岡もとみ(ブローイングプロダクション所属)、お部屋紹介で妹尾美幸、春名亜美。その他、高山都、奥田順子、佐藤絵美、谷口美保子、小林恭子、斉藤えりか、長岡朱里、野口美華、大西汐佳などでした。

 10月号の表紙は佐田真由美。巻頭の「マーク秋の新作」も彼女ですが、粒子の粗いカットの仕上がりが残念。「楽しまなくっちゃ!秋のGirlsクラシック」や「まゆみエレガンス7つの法則」でもそうですが、彼女の人形のように表情を殺した写真写りはどうなのでしょうか。「秋、Ladyになったバービーガール」のそれは理解できるのですがね。他ではもう少し表情を顔に出してもよいと思います。「秋はスーパースターカジュアルで行こう!!」のように表情のあるほうが魅力的です。鈴木サチ、相沢紗世、岩堀せりも同様でしょう。「美脚での勝負の秋がきた」は前後半で2人のカメラマンが撮影していますが、明らかに実力差が見てとれます。ステンケン摩耶、畑田亜希、ジェシカが魅力的な姿を見せてくれますが、ViVi特有の怖い表情はなしにしてもらいたいもの。「いちばん新しい小畑由香里のすべて見せます」では元JJモデルの小畑由香里が初登場。「おしゃれ有名人の秋服オーダーシート!!」には安西ひろこ、内山理名、乙葉、佐藤江梨子、平山あやが登場。「みんなに似合う黒スタイル」では相沢紗世、畑田亜希のスタイリッシュさに注目。「モテサバ服ひと目ぼれリスト!」は可愛い鈴木サチ、貫禄の美しさを見せる長谷川潤に注目。「クレージュ21で60年代ガール!」の畑田亜希、長谷川潤の可愛らしさは特筆もの。後半のブランドタイアップ記事では岩堀せり、ステンケン摩耶、鈴木サチの活躍。コスメ記事では佐藤萌未の活躍が目立ちました。今月号の主な読者モデルは、「新カリスマ読者ファイル」に三橋彩。その他は吉川まあこ、春名亜美、村上実沙子、平田恭子、正中雅子、奥田順子、岩佐真悠子(2003ミスマガジングランプリ)、大野彩、佐野明日香、中根美亜、藤後夏子(タレント)、斉藤えりか、野口美華、山口和美、秋永香織、松本ステファニー(eliteモデルオーデション参加)、田中みゆき、服部紗幸、辻内祐貴子、浜野このみ(セレブのためのセレクトショップ<ラブリミッターカット・Love Limitter Cut>代表)などでした。特に岩佐真悠子は現在のイメージとは全く違うお嬢さま風なカットですので貴重です。

 11月号の表紙は鈴木サチ。巻頭はイヴ・サンローランを岩堀せり、DIESELを佐田真由美が担当。「Brand Best Buy」では鈴木サチ、シェリー、岩堀せりが陰影を表情に浮かべたポーズを決めています。メイン特集は「毎日はきます!ブーツガールズ!!」で鈴木サチ、ステンケン摩耶、相沢紗世、岩堀せり、佐藤萌未が様々なタイプのブーツをはきこなします。もうひとつのメイン特集「みんなのBEST of秋流行、大投票!!」はステンケン摩耶、鈴木サチ、岩堀せり、畑田亜希の表情が明るいのが良し。「小畑由香里のセレブカジュアル」はViViの雰囲気とは違うカラーがアクセントとして効いています。「らくちんセレブカジュアル秋開幕!!」は、体型のためかスウェットやつなぎ姿が妙に似合う岩堀せりに注目。「たった7アイテムで簡単着回し大作戦!」ではステンケン摩耶、鈴木サチの可愛さと相沢紗世のスタイリッシュさが目立ちます。「肌見せビッグニット」の鈴木サチ、ステンケン摩耶のコケティッシュな表情も捨てがたい。綴じ込み形式になっている「伊勢丹で見つけたアナ スイの小物たち」と「HAPPYスポーツフェスティバル」は鈴木サチとシェリーの雰囲気たっぷりなカットが盛りだくさんです。「Levi's Redloop Girlがこの秋Dedut!!」での相沢紗世、長谷川潤の格好よさは格別です。「ベネトンの秋スタイル」の相沢紗世は珍しくキュートな姿を披露しています。後半のブランドタイアップ記事ではステンケン摩耶、鈴木サチの活躍が目立ちましたが、砂守かずら、真里有のカットも必見です。コスメの記事では岩田ゆり、佐藤萌未。髪型のコーナーでは畑田亜希、上岡千恵がそれぞれの特徴を生かした美しさを発揮しています。今月登場の主な読者モデルは、「新カリスマ読者ファイル」に片岡望。その他平田恭子、辻内祐貴子、吉川まあこ、春名亜美、宮口さおり、浜野このみ、三橋彩、神戸蘭子、佐藤絵美、馬淵圭子、対馬央子、田中裕子、田中みゆき、三井田愛弓、服部紗幸、堀江美希、村上実沙子、谷口美保子、春山輝子などでした。

 12月号の表紙はブリトニー・スピアーズ。佐田真由美は「ティファニーのお守り物語」「冬のBarbieコレクション」「まゆみが選んだアウター真冬の東京クルーズ」でいずれも一般人からは超越したファッションを披露しています。「X'mas限定コレクション狙い撃ち」の相沢紗世、鈴木サチ、真里有は三者三様に美しくも自然なカットを披露。「10秒でわかる!流行オールスターズ!!」では岩堀せりがカジュアルですが近寄りがたい雰囲気。鈴木サチもきつめの表情で迫っています。「大好きブランドの売れまくりアイテムallリスト!」での相沢紗世、ステンケン摩耶のけだるい表情と明るい表情の対照が面白い。「冬の主役はキラ★カジ」の乙葉の格好よさは特筆もの。「冬の劇的変身!大作戦」では岩堀せり、鈴木サチ、ステンケン摩耶、真里有などのスタイリッシュさが存分に浮き出ています。「小畑由香里のLOVEジュエリー」は褐色の肌を強調しすぎな感じ。表情が徐々にViViカラーに染まってきたような印象も…。「セレブなサチ&ポップなまや」はせっかく鈴木サチとステンケン摩耶が可愛いのにカットが小さく残念。「プチプラウォーズ激安大旋風!!」は畑田亜希の可愛らしさに注目。鈴木サチにはもう少し笑顔がほしい。「Cool Simple宣言!」の長谷川潤は格好良いがメイクが少し変。後半のブランド・タイアップ記事ではステンケン摩耶、コスメの記事では佐藤萌未が大活躍でした。今号の主な読者モデルは「カリスマ読者ファイル」に中川理沙。その他、柴田望、堀江美希、田中裕子、谷口美保子、辻内祐貴子、萩原桃子、奥田順子、春名亜美、村上実沙子、川北舞衣、浜野このみ、片岡望、片岡もとみ、田中みゆき、秋永香織、合瀬美紗、小松茉莉花、佐藤優里亜、長山友梨香、中野唯花(2003ミスセブンティーンオーディション参加)、岩澤真寿美などでした。 このページのトップへ
2003年は現在4冊のみ。主なモデルは香里奈、葛岡碧、飯島さゆり、菅原禄弥、島村まみ、小箱静、石田香奈、秋山静香、重泉充香、井出れい子、芥川舞子、彩友美など。連載は片瀬那奈の他10月号から香里奈。

 3月号の表紙は井川遥、インタビューも1Pあり。特集は「春が欲しい!服が欲しい!おしゃれが欲しい!」。Part1では香里奈、飯島さゆり、菅原禄弥ともに可愛さを強調した表情が中心。Part2では葛岡碧、小箱静、島村まみも加わって華やかです。「春はバーバリー・ブルーレーベルに夢中です!」には酒井彩名が登場。「私たち、いつの間にかミニスカの虜です!」は重泉充香と石田香奈も登場。菅原禄弥のミニスカ姿は迫力あります。「美脚パンツ本命セレクション」では秋山静香と井出れい子のスタイリッシュなポージングに注目。香里奈や葛岡碧も同様です。「『これで安心』スタイルを仕上げるレギュラーブランド」の香里奈はコロコロ変わる表情を楽しめます。「春ワンピTYHOON」では葛岡碧のワンピ姿が抜群。別冊付録の「街で噂のあのサロンモデル」はモデルのプロフィールが記載されており、読者モデルファンには必須アイテムでしょう。芥川舞子、笹倉真奈、島村まみ、神代香織、田中裕子、秋永香織がクローズアップされています。他には各務寛子、生山暁、英玲奈、中村吏沙、長岡朱里が登場。芥川と島村は「Ray」のセミレギュラー扱いなんですね。本誌の方で登場した主な読者モデルは、対馬央子、吉川まあこ(サンミュージック所属)、花垣あずさ、宮村英梨子、浜野江真などでした。

 6月号の表紙は深田恭子、本文では彼女の髪型の変遷を辿ります。特集は「今すぐ夏おしゃれHO T NEWS100」。香里奈、重泉充香、芥川舞子、彩友美のキャミ姿やプリントワンピ姿が眩しい。「いつだって白は天才です!」では重泉充香、飯島さゆり、菅原禄弥に白が映えます。「OL気分なちょっぴりお姉さんSTYLE講座」の飯島さゆり、菅原禄弥は見事にお姉さんを演じていますが、島村まみは妹風です。「香里奈が着こなすプラスカジュアルBOOM」と「コーチ渋谷店のすべて」は今月のベスト。ファッション、表情のいずれもが素晴らしいカットの連続です。「大好きブランドのプチプライス服」の葛岡碧と石田香奈はやはり可愛い系のファッションが一番似合います。彩友美と秋山静香は大人の雰囲気。「モデルなブラバSELECTION」は菅原禄弥と重泉充香がスタイリッシュな魅力を見せつけてくれます。「5月乗り切り着まわしカレンダー」は葛岡碧と芥川舞子がたっぷり。特に芥川の今月のベストショットがここにあります。お楽しみの「水着シーズン最新カタログ」は飯島さゆり、石田香奈、重泉充香のビキニ姿がたっぷり。後半のメイクコーナーでは飯島さゆり、葛岡碧、芥川舞子、石田香奈、菅原禄弥、重泉充香、小箱静の顔アップの連続です。今月の読者モデルは春名亜美、奥田順子、村上実沙子、吉川まあこ、鎌田香奈、正中雅子、厚地優子、稲井志保美、長岡聖子、池田直子、秋永香織などでした。

 10月号の表紙は矢田亜希子。「秋から大人めキュートStyle」のパート1でも彼女の素敵なカットが満載です。パート2では葛岡碧と芥川舞子。2人並ぶと葛岡の顔がむくんでいるような感じです。「新作ブラバ全部見せます」は香里奈がスタイリッシュです。彼女の連載「KARiNAVi」も始まりました。「今買うべき、秋HITS BEST100」では重泉充香、島村まみ、彩友美の3人が光ります。「靴・ブーツ、足元から始まる流行予報」では石田香奈と飯島さゆりに注目。重泉充香もいいポーズを決めています。「大人に着こなすミニの出番です!」は芥川舞子と石田香奈のカットは小さいものの可愛さが目立ちます。「またまたWネームアイテム作っちゃいました」の芥川舞子、重泉充香、飯島さゆりはカットも大きく表情も豊かでお薦め。「夏→秋 乗り切りアイテムこう着ます!」では重泉充香と島村まみがダブルキャストでの1ヶ月コーディネートで超お薦め。「いつだって欲しい美脚パンツ展示会」の菅原禄弥、葛岡碧、飯島さゆり、山内麻美はパンツ姿だと美脚が強調されて素晴らしい。「セレブブランドのカジュアルライン」では葛岡碧が一番可愛く撮れているのですが、最初のページのスカートの奥が気になるところ。「ショコラアイテムお買い物NAVI」は石田香奈と彩友美が精一杯のスタイリッシュさを見せています。コスメのページでは島村まみ、芥川舞子の顔アップが楽しめます。今月号から「Ray Models CLOSE UP」がスタートし、第1回目は菅原禄弥と葛岡碧でした。今月号の主な読者モデルは対馬央子が「セレブ読者ファイル特別版」、柴田望が「セレブ読者ファイル」に登場した他、谷口美保子、服部紗幸、柴田望、稲井志保美、尾山玲子、春名亜美、村上実沙子、荻原桃子、浜野江真、野口美華、京野恵、三好さやか、藤居真理子、高木綾美、鈴木千春、池田直子、朋部璃青、今井りか、伊藤珠希、亀井京子、神戸蘭子、大島藍子、加藤彩子、上津原由貴奈、三橋彩、黒木夏生、山田真由美などでした。

 12月号の表紙は香里奈。巻頭の「愛してます!大人なティファニー」では彼女のすまし顔が主体になっています。「ヴァンクリーフ&アーペルでお嬢な冬が始まる!」は島村まみがお嬢さま風に決めていますが、もう少しあごのラインにソリッド感が欲しい。メイン特集「今売れてるを完全調査!」では香里奈、菅原禄弥、葛岡碧、島村まみ、飯島さゆり、重泉充香、芥川舞子、福井未菜とRayモデルが総登場。中でも葛岡の可愛らしさ、芥川のお嬢様っぽさに注目。「ツイードJK+デニムますます浸透中」は重泉充香と菅原禄弥のお姉さま系ふたり。菅原がちょっとふくよかになってしまっています。「シマロンではじめる大人めキュートスタイル」の芥川舞子は、派手めな重泉充香と一緒なので小顔に見えて得をしている感じ。「小物でおしゃれがルールです」は石田香奈、飯島さゆり、葛岡碧。この3人ではどうしても葛岡が光ってしまいます。「舞子のキャンパスキュートVSまみのオフィスシンプル11月の着まわしカレンダー」では島村まみの着まわしが表情も含めて自然な感じ。芥川舞子は表情を作りすぎなイメージでした。「Rayモデルズの最愛ブラバスタイル」はモデル6人(菅原禄弥、重泉充香、飯島さゆり、芥川舞子、島村まみ、石田香奈)が1ページずつの登場なのでオススメ。「ブーツをはく日の大人なミニ完成形」では彩友美のラフな髪型とスタイルのよさが印象的です。「舞子のお買い物ファイル」は芥川舞子のはじけた表情が魅力的。メイクのコーナーでは芥川舞子、葛岡碧、石田香奈、重泉充香、飯島さゆり、島村まみ、山内麻美の顔アップが楽しめます。「Ray Models CLOSE UP」は芥川舞子と島村まみを取り上げています。今月の主な読者モデルは谷口美保子、池田直子、野口美華、黒木夏生、服部紗幸、神戸蘭子、京野恵、朋部璃青、稲井志保美、各務寛子、堀江美希、尾山玲子、上津原由貴奈(めざましテレビ早耳娘03年9月~04年3月)、佐野明日香、鈴木千春、柴田望などでした。 このページのトップへ
2003年は現在4冊。主なレギュラーモデルは佐藤純、美香、制野愛、落合砂央里、田丸麻紀、菅井悦子、相馬ゆきえ、田中美保、各務沙羅、小針知子、森絵里香、西歩見、福田明子、阿部まりな、菊池亜希子など。

 1月号の表紙は佐藤純。うむ、カワイイ。巻頭の「ジーンズはもっともっと美脚&脚長にはけるハズ!」は仲間由紀恵の美しいカットから。相馬ゆきえと落合砂央里、そして小針知子が目立ちますが、佐藤純も制野愛もモデルは何でジーンズが似合うのでしょう。「1ヵ月コーディネート真冬の陣」は制野愛と菅井悦子。どちらも表情が多彩で楽しい。「安く見えない安~い服」では森恵里香と尾上綾に目がいってしまいます。「売れてるコートの最終報告」は幼い印象が可愛い田中美保とえくぼの可愛い森絵里香に注目。田丸麻紀の表情には余裕が感じられます。「純・麻紀・美香の着まわし力に~」は魅力たっぷりで、それぞれのファンは見逃せません。島谷ひとみと野波麻帆のインタビューはグラビアにも注目。「スカートの悩み真冬の相談室」は佐藤純と相馬ゆきえ。冬物の長めのスカートが似合います。「さあ、使えるニットをもう一枚!」の落合砂央里がシックな雰囲気でとても素敵な印象。西歩見と阿部まりなも出来の良いカットが目立ちます。「小西真奈美さんが提案する~」はもう少し彼女の表情に変化がほしい。「インパクト・アイのつくり方」の橋本麗香は「Ray」の彼女とはかなり雰囲気が違っていますので確認してみてください。「冬のパサ髪を克服する、~」の内田ナナはしっとりとして落ち着いた印象で、もっとも好みの彼女です。「黒パンツ&ベージュパンツ~」は美香と小針知子のスタイリッシュさが光ります。後半の広告タイアップ記事では制野愛が出ずっぱりなのでファンには嬉しいでしょう。今月の読者モデルは鈴木理恵、松木里菜、生山暁、浜野江真、村中麻美などでした。

 2月号の表紙は井川遥。インタビューページのカットは幼い印象で新鮮な感じ。「手持ち7着+流行の服3着」は森絵里香と落合砂央里。特に落合は額を強調するようなカットを除けば、可愛さが加速している感があります。「ジーンズの、もっとステキなはき方は、純・麻紀・美香から盗もうヨ。」は文句無くジーパン姿が似合う3人の登場です。特に美香に注目。「おしゃれなのに安~い服」では相馬ゆきえ、佐藤純、西歩見、福田明子、制野愛などが自然な着こなしでそれぞれの魅力をアピール。「毎日ニットの、新鮮着まわし術、教えます」はどうしても佐藤純に目がいってしまいますが、菅井悦子、落合砂央里にも魅力的なカットが見受けられます。インタビュー記事では永作博美、滝沢沙織が登場。特に滝沢のカットがステキに撮られています。「モテ顔のつくり方は、男の~」の篠田あきえはメイク限定のモデルのようで全身カットが見れないのが残念。「黒の着こなし徹底攻略法」は佐藤純と美香のツートップの魅力爆発ですが、森絵里香も負けていません。「スカート&パンツの、いつもの着こなしに喝!」は田中美保がひときわ輝いています。アヒル口もさほど気になりません。制野愛と菅井悦子の垢抜けなさもwithらしく妙に魅力が感じられます。今月の読者モデルは玉木千尋、伊達陽子(~03年3月Harajukuロンチャーズ)、岸佳奈子、栗原沙織、池島真貴子、古山敏恵、三橋彩、長岡朱里、白石明子、笹倉真奈、野口美華(03年ミス立教エントリー)、中根美亜などでした。

 11月号の表紙は上原多香子。インタビューのカットもそうですが、本当に美形モデルといった印象です。「コーチのバッグ秋のハッピー・コレクション」は佐藤純が単独で登場。パンツ姿のカットがお気に入りです。「秋の足元はこれで完璧!大特集」の「パンプス&フラット靴」は佐藤純。森絵里香、菅井悦子。「美脚ブーツ」は佐藤純、落合砂央里(今月号より専属)、菊池亜希子。特に落合砂央里の表情が生き生きとしていて良い。「秋の7着!31日間ぐるぐる勝負」は森絵里香と落合砂央里の着回し対決。カットの出来がよく保存版にしたいくらいです。「軽めコート&ジャケット&ブルゾン」は田丸麻紀、菊池亜希子と西歩見が目立っています。「秋ジーンズ脱マンネリ・スタイル大作戦」ではお姉さんタイプの蒲生麻由、スタイリッシュな森絵里香、可愛くエネルギッシュな菊池亜希子、相馬ゆきえ、阿部まりなという感じでバランスが取れていました。「純ちゃんの秋のワクワク着まわし計画発表」では佐藤純の表情の変化をたっぷりと楽しめます。「大好きニットお気に入りコレクション」では片瀬那奈が1P大のカット3枚と大盤振る舞い。後半のコスメ関連記事では塚本理絵、篠田あきえ、民部良子、福田明子、制野愛、各務沙羅、相馬麻里子などが登場。インタビューでは上原多香子の他、深田恭子、瀬戸朝香(へそピアスのカット有り)、黒谷友香がありました。今月号の主な読者モデルは麻生めい、石井麻由、小原はるか、佐藤絵美、亀井京子、今西麻衣、各務寛子、渡辺由布子(ミスキャンモデル)、安藤麻奈美、長岡朱里などでした。

 12月号の表紙は森絵里香。巻頭は「私の本命コート、見つけよう!」で、佐藤純、森絵里香、落合砂央里、相馬ゆきえ、菅井悦子。普通にお嬢さん系の佐藤以外は結構個性的な表情を見せています。「憧れ&大好きブランドのジュエリー」の菅井悦子が凄くいい表情。「冬だって安い服で、おしゃれに着まわせ!」では落合砂央里と相馬ゆきえのコケティッシュな表情での着まわしが見ものです。「withジーンズ・グランプリ」ではジーンズをはかせると如何にモデルのスタイルが良いか分かります。ここでは出番の少なめな小針智子、池田幸恵、柳川絵美に注目。LUXのタイアップ記事に高山都、彼女は読者モデル卒業か?でもカットモデルとしても登場しています。雰囲気の凄くいいカットでした。「人気ブランドの財布・手帳・小物新作大図鑑」には浅見れいなが登場。カット数が少ないのが残念。アクセーヌのタイアップ記事には安藤睦。彼女も読者モデル出身ですが、その美貌はトップクラスです。「モテ服って、結局、どんな服?」は西歩見と落合砂央里のクリクリッとした目と、相馬ゆきえのすっきりとしたまなざしが対照的な印象を与えています。今月の主な読者モデルはカットモデルで朋部璃青、鈴木若菜、池田直子、佐藤絵美、黒木夏生、神戸蘭子、長岡朱里、藤井明子、石井麻由、神代香織、野口美華、東加奈子(アクシブ所属、トライトCM)、近本あゆみ、麻生めい(TBS「キャイーン式」テレ東「おしゃれ!アイドル学園」)、佐久間奈々、笹井美香(05年ミスマガジンセミファイナル進出)、藤原紘子、斉藤えりか、コスメモデルで弓野あかね、安藤睦、伊藤久美子(超星神グランセイザー、セイザーパイシーズ魚住愛役)などでした。 このページのトップへ
2003年の主なモデルは、SHIHO、SONOMI、石川亜沙美、愛可、浜島直子、高垣麗子、成松阿留奈、ナオ、岩崎良美、菅井悦子、あゆみ、山口いずみ、森下紀子、田中伸子

 8月号の表紙は長谷川京子。インタビューページのカットもお薦めです。巻頭の「憧れブランドの涼やかジュエリー」はSHIHOの表情が抜群。「この夏、ジーンズはこう着こなす!」ではSONOMIがスタイル的にも図抜けています。愛可や成松阿留奈も悪くありません。「4大パンツで夏のおしゃれに勝つ!」では石川亜沙美、菅井悦子、岩崎良美、「買ったサンダル、はきまくり作戦」では愛可、高垣麗子、ナオが目立っていました。「美人ノースリーブに着替えなきゃ!」はスリムビューティーなSONOMI、幼いといってもいいくらいの可愛さのナオが好対照。「爽やか色ブルーの季節がやってきた!」で一番爽やかなのはあゆみ。「夏だから簡単おしゃれ着回し2週間」は高垣麗子とSONOMIの着回し、高垣の表情が豊かです。「売れに売れてるヒットアイテム118」では森下紀子と愛可のクールな着こなしに目がいきます。「大人の身にミニスカート、はいてみない?」の八木秋香(モアモデル)の初々しさがよい。「NEW FACE file」は宮崎あおい。「色で選ぶ!夏の活躍トップス10」の爽やかな浜島直子が締めになります。今号の主な読者モデルは相川智華、山口和美、伊藤麻衣、田中裕子、秋元夏海などでした。

 9月号の表紙はSONOMI。「モアモデルの私服レポ」ではL.A.ロケをしたSHIHOが目立っていますし、SONOMI、浜島直子、岩崎良美、高垣麗子もそれぞれの個性を発揮しています。「今日もジーンズの出番です!」の田中美保、福田明子、中原歩などは、あまり足の長さが強調されておらず、読者としては参考にしやすい感じです。「次の季節のシャツ&ブラウス」のナオ、あゆみ、愛可、菅井悦子の清潔感漂うファッションが眩しい。「亜沙美のボーダーおしゃれ指南」は石川らしい雰囲気が出たカットが多くファンには嬉しい。「矢田亜希子のインタビュー」はカットが抜群に可愛く注目です。「真夏のグッドスタイル着回し2週間」は時に弾ける浜島直子とホンワカSONOMIの着まわしがたっぷり。「旬のTOKYOを楽しみつくす!!」では石川亜沙美の大きめのカットがたくさん。後半のコスメ関連の記事では中根美亜、八木秋香、民部良子が肌の美しさを競っています。今月号の主な読者モデルは、本澤舞、田嶋秀子、弓野あかね、藤田望花(ミスキャンパスNavi2004エントリー テレビ埼玉「スーパーJリーグマッチ」J-Shot!GAL’S)、大野彩、佐久間奈々、大島藍子(水島愛)、山室麻耶(Junie/J★Girl/専属モデル)、長岡朱里、野口美華、藤井明子、海下真夕、森脇ゆか、杉山緑、鈴村由衣、田中裕子などでした。

 12月号の表紙はSHIHOの顔UP。巻頭の「憧れブランドの小物たち」も彼女ですが、少々粒子が粗いのが残念。「30日間×2、着回しライブ!」は岩崎良美と浜島直子。バラエティあふれる表情がどちらも魅力的です。「今年の大絶賛コートが変わった!」ではカッコ良さのSONOMIと愛可、可愛い岩崎よしみとあゆみ、バランスのとれた成松阿留奈、ナチュラルなモアモデル・フレンドの3人(八木秋香、朝川智彰、佐野明日香)とタイプ別のコートの着こなしが楽しみです。「1年間8万本売れてるパンツを知ってる!?」は高垣麗子、浜島直子、森下紀子のくだけた感じの表情が魅力的。「パンツ派ガール2人がお手本。着回しバトル2週間。」の2人は高垣麗子とナオ。2週間のバトルはカット点数が少なくて勿体ない。1ヶ月の勝負が良かったのですが…。「買ったブーツ活用大作戦!」でも高垣麗子が活躍。寺田椿とナオもいい感じです。「ようこそ!魔法のピンク・ワールド」はSHIHOひとりをフューチャーしています。「11月はニット強化月間!」は田中美保が抜きん出て可愛い。コケティッシュな愛可、ソリッドな印象の藤田陽子もなかなかです。「SHIHOの休日を彩るウィンター・トラッド」は綴じ込みミニ写真集といった感じ。「毎日着るなら主役になれる旬コート」では田中美保、福田明子のホンワカとした可愛らしさに注目。後半のコスメ系ページで目立っていたのは中根美亜と高橋美紀、田中マヤといったところ。菊川怜のインタビューも2P。今月号の主な読者モデルは、朝川智彰(モアモデル)、村上温子、草薙亜矢、石井麻由、神戸蘭子、山本麗子、斎川美保、原田沙奈子(「DELLコンピューター」 「メントス」CM)などでした。 このページのトップへ

Information

星海銀
  • Author: 星海銀
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

12月 « 2003年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。