女性誌モデルチェック

男性の目から見た女性誌モデルのチェックblogです。雑誌別にカテゴリー分けして紹介していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
2002年も引き続き長谷川理恵が表紙を飾ります。
 主なモデルは、SHIHO、美香、長谷川理恵、青山恭子、内田ナナ、滝沢沙織、二浪由賀利、浜島直子、小林明美、YOSHICO、MIEKOなど。

 1月号は巻頭から長谷川理恵が和服を披露しますが、これが結構似合っています。「パーティーだってジーンズがこの冬の新・ドレスコード」は青山恭子とSHIHOのコラボレーション。このでの青山恭子はSHIHOに負けないほど魅力的です。「2ヶ月コーディネート特講」はSHIHOがたっぷり楽しめますが、特に1月のコーディネートの方がお薦めです。「黒系スタイルの印象革命」では滝沢沙織と菊池亜希子に注目しました。特に菊池亜希子は初登場か? 今後が楽しみです。「メンズウォッチとダイヤモンドウォッチの洗練」には伊東美咲が半年振りの登場。最近は男性誌にもグラビアで登場していますが、彼女は女性誌の方が魅力的なカットが多いように思います。今月の美香のお薦めは「夢見るスイートジュエリー」「ふたつのクロノグラフで仕上げる1週間コーディネート」「日常が輝きだすジュエリー&ウォッチ」の3つのコーナー。特に最後のものは素晴らしいです。ファンは必見でしょう。木村佳乃がセイコー・ルキアのタイアップページに4P。ボーイッシュないでたちです。「スイート&クラシックな冬小物に」のSHIHOも可愛い系のイメージを出していてお薦めです。そして「冬の唇、きらめきマジック」の二浪由賀利の顔アップが今月の一番お薦めでしょう。見事です。

 2月号は巻頭の「長谷川理恵と見つけるネクスト・シンプル」がグラビア風のつくりがぴたりとはまった感じで素晴らしいです。「恋を呼びこむ赤リップ」も美香はいつもとはイメージが違いワイルドな感じ。私としては今までのイメージが最もいいように思います。「今、買い足す冬の大本命アイテム×4」はSHIHOと美香の競演。やはりこの二人がOggiの顔です。Oggiでの石川亜沙美は目のメイク+ほほの強調が好みの分かれるところだと思います。私は苦手ですが、「オールマイティ・ブラックの威力」ではカットも大きく、単体でたっぷり見れるだけに残念です。「冬のノースリーブワンピース」でのSHIHOも安定していますが、目立つのは山口いづみの良さです。広いおでこと魅力的な黒のロングヘアーのバランスがとても良いです。「美香に密着 1か月コーディネート」は宝です。今までの1か月コーディネートより3割方カットが大きいのが嬉しいです。「いいことづくめのスパイシィ・レイヤー」はSHIHOと美香がカットモデル。美香のカットがお薦めです。読者モデルとして登場するのは、花垣あずさ、各務寛子(01年ミス青山)、浅田美香(雑誌Happieモデル)など。「ブラック・ワイド・デニムを狙え!」の青山恭子は今月は出番が少ない。でも、最近妙に気になり始めました。もう何年も見てきたのに不思議です。

 3月号巻頭の「長谷川理恵と見つけるネクスト・シンプル」はソフトフォーカスをかけたカットで構成。スウェット姿も良いですね。「先取り春トレンドのSHIHO的スパイス配分」はSHIHOが大きめのカットで6Pたっぷり楽しめる嬉しい構成。「長谷川理恵の靴×ボトム×バッグ三位一体スタートプラン」での彼女の表情(特に笑顔)は優香を彷彿とさせ魅力的です。「最優先アイテム靴のシンクロ・コーディネート法則」は浜島直子と美香。ふたりの落ち着いた感じの美しさが良いですね。「一目惚れブランドバッグのスパイシィな挑発」では富永愛(爽健美茶のCM)が登場、細いですね。「 WE LOVE SHIRTS!」は小林明美、YOSHICO、MIEKOが登場。カットが非常に大きくグラビア風でお薦め。特に小林明美とMIEKOがいい感じです。「3月の着回しカレンダー」はSHIHOと美香の二人。普段着的な表情が親しみを感じさせます。「颯爽!春トレンチ&春ピーコート勢ぞろい」も同じ二人。こちらは躍動感あふれるカットが一杯です。「春はピュアな愛され顔が旬です」の内田ナナは1カットだけですが、いつもとは雰囲気の違うカットでハッとします。「百肌繚乱!!キレイの真実はここにある」では読者モデルとして田尻美穂(98ミス大妻女子大)、島崎華子(98ミス青梅)、宮本百恵(98準ミス共立女子大)が登場しています。「レザースニーカー通勤アレンジ」に青山恭子が出ていますが、最近登場ページ数が減っているのが残念です。「恋するリング、愛するドレス」は美香。Oggiではアクセサリー物は彼女との組み合わせが多いですしベストですね。とじ込み付録は長谷川理恵の「All of Me」で8Pのミニ写真集といった感じでお薦めです。

 4月号巻頭はSHIHOの「この春色が気分です」で、ミニ写真集といった感じの出来上がり。色のバランスなんかも良くてお薦めです。「春一番!ホワイトベーシック旋風が止まらない!」は小林明美と落合砂央里がスタイリッシュに決めています。YOSHICOはちょっとあくの強い顔立ちですね。「スタイリスト高橋リタさんの最愛1か月コーディネート」の長谷川理恵、これに限らずなんですが、最近一段と雰囲気が良くなったような感じがします。「頼りになるジャケットの新しい表情」は森下紀子とSHIHOがお薦め。SONOMIも大人の雰囲気の着こなしが魅力的。それにしてもSHIHOは白や黒といったシンプルな色が似合います。「見せます!4大本命ボトム」では美香、森下紀子、 YOSHICOの三者三様のパンツ姿・スカート姿が楽しめます。「理恵的カジュアルの黄金律」は1ページ大の魅力的カットの連続。「さりげなくウェスタン・スパイスで大人系カジュアル」では山口いずみ、美香、SHIHOの遊び心たっぷりのカットが満載。「愛車と私の蜜月生活」にはSONOMI、田尻美穂が登場。「ベースメークカレンダー」に登場の美香が今月一番のお薦め。すっぴんぽい顔も含めて色々な表情を見ることができます。もうひとつのお薦めがSHIHOの「心地よく、ナチュラルモード服」ここだけ紙質が良く保存版といった感じです。「新しい季節に幸せのプラチナ・ジュエリー」に滝沢沙織が登場しますが1カットだけと寂しいです。「春の気分はWatery Casual」の石川亜沙美はここのところのきつさが薄まっていい感じです。「ありのままの私でいく」の富永愛は脚の長さは驚異的ですが表情はマズイという感じ。「いつものスタイルにニュアンスを加える白の威力!」で春香か登場していますが、彼女の登場はここだけということで非常に残念。最後に今月はとじ込み付録が充実していて、長谷川理恵の「Two of Us」、ポリヤナの「パジャマカフェへようこそ」、SHIHOの「New Simple Basic」のいずれもがお薦めです。

 6月号の巻頭は長谷川理恵の「Rie in Harajuku」ですが、カットの出来がいまひとつ。「モードジュエリーが奏でる夏のささやき」は石川亜沙美が砂丘?を背景に小麦色の肌を見せます。「通勤仕様のウエスタン&スポーティ30%効果」ではSHIHOよりもSONOMIの格好よさが目立ちます。「”MOCHA”グラデーションで印象を変える」は美香が当然のように素晴らしいですが、YOSHICOも横顔のカットは魅力的な感じです。「夏ジャケット即効クールなブラッシュアップ作戦A to Z」は内田ナナ。ちょっと出番が少なくなってきましたが、相変わらず存在感があります。「ふんわり淡色小物のニュアンス配分」の美香は可愛い表情主体でお薦め。「長谷川理恵のバーチャル1か月コーディネート」は表情をちょっと作りすぎという感じが残念。「サンダル×ネイルの相思相愛カップリング37」の美香が今月一番のお薦めでしょう。カットがでかく彼女の脚の魅力が存分に発揮されています。「シアーホワイトの透ける午後・・・」はSHIHOのイメージ・グラビアのような出来で、ファンにはお薦めです。「指名率高・女性ヘアスタイリスト3人のすご腕」に登場する読者モデルには田尻美穂、今西麻衣、澤田久仁子がいました。「目標は生まれたての肌」の滝沢沙織と「夏モチーフはスニーカーで仕上げる」の山口いずみが可愛さたっぷりです。「ビジネス出張1週間コーディネート実例」長谷川理恵は笑い顔が優香似です。「マイスタンダードはリラックスMODE」のSONOMI、ナチュラル・シックな夏のプロローグ」のMIEKO、「ニュアンス・サファリのクールな表情」の小林明美はそれぞれの個性を発揮していて良いカットが多く見られます。今月のとじ込み付録は石川亜沙美の「繊麗のミラノ、サマー・ブラック物語」と長谷川理恵の「今年の”白・黒・ベージュ”スタイルBOOK」の二つですが、特に長谷川理恵がお薦めです。

7月号の巻頭は長谷川理恵の「上海遊歩」。浴衣姿が情緒ありますね。大特集「この夏はクオリティ・カジュアルでいこう!」では、まずSHIHOのカジュアルの着こなしが見事。小林明美と落合さやかもなかなかコーディネートが決まっていますが、SONOMIと仁香の落ち着いたシャツの着こなしはそれ以上に目を引きます。美香の着こなしとアクセサリーコーナーは圧巻です。「夏限定1か月コーディネート」は美香と桜井智子。二人とも表情のバリエーションが豊富で楽しめます。「コーディネート映えするデイリーウォッチ進化形」のSONOMIは自然体な感じがGood。「デイリーに魅せるフェミニンウォッチ」の長谷川理恵も1Pものの大きいカットが嬉しいです。「アーバン・エスニックの洗練」の美香は、ひとつひとつのカットが衣装・表情のバランス良く、特にあずき色のシャツのカットが素晴らしい。「夏肌に映えるスパイス・アクセサリー」の森下紀子は今月これだけ。ちょっと物足りません。で、今月号一番のお薦めは、資生堂エリクシールの見開き広告の小泉今日子だったりします。本当に表情が素晴らしいです。

 8月号は「ポジティブに夏を楽しむ!1か月コーディネート」で美香が北海道へ里帰り。大きなカットがうれしい。「今すぐ買い足したい服」ではSHIHO、仁香、落合砂央里。落合はちょっとOggiぽくない印象。仁香くらいの落ち着いた雰囲気が欲しいです。「Happy Poolside Casual」のSHIHOの水着姿は貴重でしょう。「気分を変えて前髪美人になる」では珍しく読者モデルが多数登場。小川りかこ、各務寛子、安藤睦、英玲奈など。川原亜矢子のインタビューが真ん中に5P。「凛々しくキラリ。粋な時計&ジュエリー」の美香はアップ過ぎてもったいない。「美しく鮮やかな髪への誘導大作戦」のモデルみのりも美しいですね。カットモデルとして坂本なつ季、岡部磨知も登場しています。

 9月号は長谷川理恵の「エルメスの至福」でスタートですが、表情がいまいちなのが残念。「シャツ、バッグ、靴、三位一体秋のスタート実例」では美香のカットが良いもののピントが甘いし、残念ながらSHIHOのカットは推薦できず。「7ブランドのバッグ&靴、秋の最新ショーウィンドウ」に単独で登場のSONOMIがシックに決まっています。「まず靴を決めれば狙うスタイルも見えてくる」は美香とSONOMI。ここでもSONOMIが魅力的。美香も悪くないが、大きなカットは表情がいまいち。「中継ぎ最強アイテム活躍度・検証」では小林明美。「見せます!いつでもジーンズの着回し力」では仁香とYOSHICOがまずまずの魅力を発揮しています。「これなら使える秋アイテムの新機軸スクープしました」の美香単独はうれしいのですがカットの出来が上下しすぎてもったいない。「慶びが形になったドレス&リング」は美香のウェディング姿が眩しい。今月号は全体としてカットの発色が悪い(Oggiは基本的に発色が鮮やかではないが)。SHIHOの活躍も少なかったのが残念。

 10月号は「ブーツの季節がやってきた!」の生き生きとした表情の美香と桜井智子の2人から。桜井智子はちょっとくせのある顔立ちですが、角度によってバランスの崩れるのが残念。続いて「KK BASIC7限定デビュー」のSHIHOは大人の雰囲気で、黒がシックに似合います。「シンプルを刺激するベストヒット8アイテム」では美香が目立ちますが、ニューフェイスの竹厚綾もいい雰囲気を出しています。「秋の新鮮配色はアイボリーから始まる」でも美香の素敵で大きなカットがお薦めですが、仁香、YOSHICOもいい表情を見せてくれています。「大人系でいくアメリカンクラシックの粋」は石川亜沙美のグラビア風ですがいつものソリッドなイメージとは違い、柔らかめの表情が特徴的です。「秋のメーク、大人シックな色選び」の田中玲はキリリとした横顔がいいですね。「凛々しく着てこそのニュアンス・カラー進行形」の長谷川理恵はミニ写真集のような感じ。表情も良く「黒を効かせる1週間コーディネート」とともにお薦めです。「軽やかに!クロノグラフという選択」「結論はドラマティック・ベーシック」の内田ナナは大人の女性といった感じで、本当に落ち着いた雰囲気が似合います。「センシティブ・カラーで秋が始まる」の小林明美と、「通勤服に欠かせない輝きのジュエリースタイル」の滝沢沙織は今月の出番が少ないですが、どちらもお薦めできるグラビアになっています。「ネクスト・ヘアは断然パーマ」には読者モデルとして岩田梨恵(01・02年ファイヤーガール)が出ています。とじ込み付録は「SHIHO&美香仲良しふたりが行くイタリアで遊ぶ、癒される」でした。グラビア部分はお薦めです。

 11月号は長谷川理恵の「Autumn Alone」から。暖かそうなニットに包まれて穏やかな表情が似合います。「これが私の最愛コート、最愛スタイル」ではSONOMIのコート姿が一番格好良いですね。「この冬、最高のワントーン・コーディネートを着こなす!」は小林明美と森下紀子のふたり。ワントーンのコーディネートがカジュアルでありながらスタイリッシュな印象を与えてくれます。「これが一生変わらないマイ・シンプル・スタイル極上指南」でのブレンダは、今月号の白眉かもしれません。落ち着いた大人の雰囲気一杯のゆとりある表情がとても魅力的です。「無造作がかっこいい巻き物新流儀」では美香と桜井智子の様々なマフラー姿が楽しめます。「ひとめぼれ!美人系ニット」の仁香はショートカットの魅力たっぷり。落合砂央里はあまりおでこを出さない方がいいですね。「COOL IMPACT」のSONOMIも格好良い。特に白が似合います。「インパクトバッグが最高のスパイス!」の美香は可愛らしさが出たカット。もう少し明るければなお良いのですが。「リキュールがあればプライベートはいつも充実」そして、とじ込み付録「今年らしさ満載の秋本命スタイルブック」の美香もお薦め、特にとじ込み付録の方はミニ写真集のごとき出来です。SHIHOは今月いまひとつ気に入ったカットがありませんでした。残念です。

 12月号も長谷川理恵の「Lady Go!」から。最近の彼女の表情がよくなってきたように思います。「才色兼備なオフィスコート全4章」は40Pにもわたる大特集。全ての章で美香が大活躍しています。特に第4章は1ヶ月コーディネートなのでたっぷり。ここのところ登場が少なかったのでうれしいですね。格好のよさでは内田ナナとYOSHICOのふたり。雰囲気があります。「アフター6限定!ここ一番に華やぎの黒」の内田ナナもお薦め。本当に黒が似合っています。「冬もやっぱり高すぎないのにセンスがいい服を探したい!」の落合砂央里はおでこをあまり目立たせないカットがいい雰囲気になっています。PART 2にSHIHOのいい雰囲気のカットがあります。「メークで変わり映え1か月コーディネート」は桜井智子。彼女は角度によって見え方が大きく変わるタイプで、こういった企画はカット数も多くお薦めです。「バニラ系アウターに魅せられる冬」の小林明実は最初と最後のページを除けばいい表情を見せています。「心弾む週末に、チャーミング・クロノグラフ」の内田ナナは、ここのところ本当に柔和で素敵な表情を見せてくれるようになりました。「恋は自分でつかみとる」のSONOMIも悪くないのですが、口を閉じたカットも欲しいですね。「白に包まれるウインターホリデイスタイル」の長谷川理恵は生き生きとした表情と動きのあるカットがお薦め。「冬のHAPPYをつれてくるBLUE EXPRESS」は4Pだけなのが残念なくらいいい雰囲気の美香がとらえられています。甘糟記子は出番が少なく「ブリティッシュ・テーストはバッグと靴で取り入れる」の1枚だけ。何か物足りなさを感じます。そして今月の目玉が「私をリチャージする1か月コーディネート」で、美香、仁香、落合砂央里の3人の最高の表情が、大きなカットでとららえられていて大変お薦めです。SHIHOファンには別冊付録がミニ写真集のようでお薦めです。
スポンサーサイト
このページのトップへ

Information

星海銀
  • Author: 星海銀
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

12月 « 2002年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。