女性誌モデルチェック

男性の目から見た女性誌モデルのチェックblogです。雑誌別にカテゴリー分けして紹介していきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
1995年発行の「Oggi」は表紙が9月号までヒロコ・グレース、10月号から江角マキコ。
主なモデルは、江角マキコ、岡野菜摘、鳥居あや、藤井敦子、余西操、佐々木ルミ、田辺あゆみ。
お薦めはここでも江角マキコ。群を抜いています。

 7月号では、雨宮塔子が靴&バックのコーディネートのページに登場(2P)。彼女はこの後TBSを退社してパリへ留学した際に、連載エッセイを持つことになります。他に大桃美代子さんも1Pだけですが登場しています。

 この年の「Oggi」は気に入ったモデルがおらず、切抜きの量も極端に少ないものとなりました。他の雑誌でも感じることですが、95年から96年にかけて髪形を含めてファッションの傾向に変化があったように感じます。私の場合は切り抜きの量でそれを感じるのです。
スポンサーサイト
このページのトップへ
1995年は現在2冊のみの収集で、登場する主なモデルは長谷川理恵、原千晶、譚理沙、仁香、山田裕子、小笠原理絵、倉本康子、秋田陽子、佐藤麻里、山本佳代子、清水愛希、米倉涼子など。

 4月号は表紙が近藤サト。メイン特集は「春、何が流行る?の全解答」ですが、色の着こなしで単色系では長谷川理恵の白が目立ちましたが、どのカラーコーディネートでも際立っていたのが譚理沙で、原千晶も一流モデルとしての実力を発揮しています。その他渡辺達生撮影のとよた真帆が4P、「渡辺満里奈私服・私物146コ初公開」が4P。

 12月号の表紙は亜室奈美恵。コートの特集では藤原紀香のロングコート姿がはまりすぎという感じで、貫禄がありすぎます。キルティングコートの似合う原千晶のポイントが高いです。パンツ特集はモデルごとに2Pをとっていてありがたいですが、山本佳代子と譚理沙のページがお薦め。
このページのトップへ
 1995年は4冊を入手済み。主なモデルは松嶋菜々子、本多雅代、野原恵理、並木絹江、沼倉絵里子、高木さとみ、中野リサ、岡田尚子、正木純子、加藤小百合、甲賀瑞穂、村上香蓮、平子理沙など。

 1月号の表紙は内田有紀。ヘア&メイク大特集に登場するのは常盤貴子、貴子式メイクのコーナーが4P。同じ特集にNTV「恋のから騒ぎ」の第1期生が登場しています。元スッチーの島田律子は現在もタレントとして活躍中ですが、他の方々は懐かしいですね。「1万円の底力、3万円の可能性」では、飯島直子、小松千春、加藤紀子、中條かな子、吉川十和子、吉田真由子、辺見えみりが大挙して登場しています。「冬の遊び場別ちやほや服」では松嶋菜々子が登場。やはり一番光っています。「BABY DOLL気分で着るピンク&ブルー」の野原恵理は髪型で大きく印象が変わりますが、ここでの若干幼く見える髪形がベストでしょう。中野リサもなかなかいいです。

 3月号の表紙は常盤貴子。「似合う前髪の予感」では大塚寧々、酒井法子、北原共笑が登場。さらにカットモデルとして須之内美帆子、梅宮万紗子、田中彩も登場しています。口紅の特集では篠原涼子、井出薫、稲森いずみ、小澤真珠、原千晶、西田尚美、雛形あきこの7人と芸能人の大盤振る舞いです。「ViViモデルのプライベートスタイル」では松嶋菜々子を紹介。最近の感じに近づいています。最後は瀬戸朝香の4P。グラビアとしての出来がよくお薦めです。

 6月号の表紙は松雪泰子。今月のメインは「史上最強の水着計画100」で、甲賀瑞穂がパワー全開の19P。「おしゃれなあのコはシャツ上手」には小松千春と小沢真珠が登場。ここでの小沢真珠のカットが実に可愛いです。野原恵理の魅力がうまく出ているのが「この服を選んだからこのメイク!の相性学」です。彼女の場合カットの出来不出来が非常に激しいですね。最後に平子理沙が2P。松嶋菜々子の登場がわずかなカットだけだったのが残念です。

 7月号の表紙は観月ありさ。「寄り道する日の半袖スーツ&ワンピース」の平子理沙がお薦め。ここでの髪型が一番好みです。「スタイルよく見せる水着」ということで今月も20Pの大特集。平子理沙、野原恵理、甲賀瑞穂、村上香蓮の水着姿がたっぷり堪能できます。観月ありさのグラビアは5P。粒子の粗いのが残念です。松嶋菜々子は付録の「似合うヘアアレンジ発見BOOK」のみに登場でした。 このページのトップへ
 95年のMOREは外国人が表紙モデル。当時のMOREは現在と比べると落ち着いた雰囲気のモデルが中心のようです。

 4月号の巻頭特集「春のシャツ100%活用術」には、石田ゆり子、深津絵里、西田尚美が登場。豪快なショートカットの五妙(現五明)祐子や仁科由紀子、長谷川ミキ、石井たまよが目立っています。「やわらかジーンズ上品コーディネート術」はショートカットの圓子まどかと、ロングヘアーの松井真朝子が好対照をみせています。「春の新鮮アイテムBEST75」は表情の良いカットが多いのですが、その中でも石井たまよ、松井真朝子、仁科由紀子がお薦めです。「リュックの研究」の仁科由紀子は小さなカットばかりですが、魅力的な表情が一杯です。「軽やかで優しい春メイク」の青葉みかはメイク専門のモデルと思われますが、お嬢様風の印象で気になります。「アンタイトルデビュー」と「ワンピースの優しさが好き」の石井たまよの落ち着いた雰囲気が気に入りました。
このページのトップへ

Information

星海銀
  • Author: 星海銀
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

01月 « 1995年01月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。